• 国立代々木競技場

吊り屋根構造が美しい体育館を包括的民間委託にて管理

当社として国立代々木競技場は昭和49年、スケートリンクの設営から代々木競技の総合管理業務が始まっています。現在の代々木競技場とは第1体育館・第2体育館は基本的に変わっていませんが、管理開始当初は第一体育館、夏季はプール、冬季はスケートリンクを一般営業しており、敷地内には屋外に子供プール、ゴーカート場、テニスコートなどがあり、イベント会場として使われるようになったのは昭和52年からです。
現在は、平成21年から包括的民間委託として単独企業にて施設運営管理を行っております。

概要

施設名 国立代々木競技場
発注者 独立行政法人日本スポーツ振興センター
所在地 〒150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1
施設タイプ スポーツ施設
規模・延面積 35,700㎡
運営期間 48年3カ月

実施サービス

  • 設備管理
  • 清掃
  • 警備
  • スポーツ施設管理・運営
  • さまざまなPPP
  • 建物総合管理以外のサービス